2005年11月27日

ねこアラカルト

軒猫.bmp PB261410.JPG
◆近所の飼い猫


野良子.bmp PB261406.JPG
◆たぶん飼い猫
左の子はよく遊びに来る。網戸越しに。


PB151122.JPG PB261401.JPG
◆近所の野良猫
右の子は毎朝見かける。栄養状態悪くて目が見えているのか心配、、、
ウチではもう飼うことはできないので、心配だけどごはんはあげちゃいけないな… この冬越せるかな…







PB251402.JPG
この子と

PB251403.JPG
この子は、ウチの子


こういう近所の野良ちゃんを見たり、野良猫関係のサイトを見たりすると、あったかい寝床に、おなかいっぱいのごはん、寂しい時も誰かが傍にいる、ウチのにゃんこがどれほど幸せかっていうのをつくづく感じる。
…と書いた後で、飼われてる猫って本当に幸せなのか、人間のエゴなのかとも思ったり…
こればっかりは猫様に聞いてみないとわからない「ねこのきもち」なんだよなぁ。。。

なんて思う秋(もう冬だ)の夜長…




【日記の最新記事】
ニックネーム かいのしん at 23:13| Comment(11) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うんうん。そーなんだよねー。
ひもじい思いも、寒い思いもさせてないけど、完全室内飼いは外の面白さも知らない。。。恐さも危険もないわけだが。

猫それぞれの性格もあることだし、結果論でしかないが、各々のコに「うちに来た幸と不幸」を甘受してもらうしかないかなと。

Posted by chibikuroneko at 2005年11月28日 00:22
外は面白いのかな?
怖さ過酷さを知らなければ面白いのかもしれないけど。
Posted by mimoaki at 2005年11月28日 00:36
>>右の子は毎朝見かける。栄養状態悪くて目が見えているのか心配、、、
ウチではもう飼うことはできないので、心配だけどごはんはあげちゃいけないな… この冬越せるかな…

上記の、かいのしんサンのコメントを厳粛な気持ちで読み、その気持ちのまま下に進んで、かい君のカゴから目だけ写真に「ぶっ!!☆」と吹いてしまいました・・・(;゜△゜)ノ
かい君&ぎん君の写真は、どおみても「幸せ満喫写真」だと思いますが?(笑)
私は「折角ウチの子になってくれたんだから」が口癖です。
なってくれたんだから、頑張って大事にしよう!!と言う気持ちというか・・・う〜〜ん。
ウマく言えません・・・(/_;)
Posted by 白雪 at 2005年11月28日 00:38
トロけてしまったぎん君最高!
カゴに入ったかい君は顔が幼くっていい。

飼い猫と野良猫。
宮澤賢治の本の中の
「その人のとっての本当の幸いってなんだろう」
という言葉をいつも思い出します。
難しいことですが、かい君もぎん君も
とても幸せなんだと思います。あんなに穏やかな
顔をしているのですから!!


Posted by としとし at 2005年11月28日 02:51
飼い主が猫のお陰で幸せだったら
猫は幸せな飼い主のお陰で幸せ
だから猫が好きな飼い主と一緒に暮らす猫は
みんなハッピーに違いない
Posted by としまき at 2005年11月28日 09:38
うちのも元野良で、私が引き取ってからは室内のみ猫。 小さい頃に去勢もしているし、表の自由が記憶に全く無いようで、ドアを開けていても自分から出ることを知りません。
何が幸せなのか分からないけれど、でも、上にある、としまきさんが書かれているように、お互い愛を感じてハッピーだったら、それが答えなのだと思います。
Posted by em at 2005年11月28日 12:20
わたしも、ふと考えるときがあります。わたしの家に拾われて、この子達は幸せなのかな…?って…。
野良猫であるよりも、食べ物にも不自由しないし、寒い日もあたたかいお布団で眠ることが出来る…けど、野良であった方が本来の猫の生き方ができたかもしれない。避妊だってしなくてもいいし、猫らしく野生の生き方が出来たかもしれない。
よく旦那さんと「この子達は幸せなのかな?」って話します。答えはわからないけど、いつも外出先から帰ってきたときににゃ〜とすり寄ってくる猫たちを見て少なくともわたしたちは幸せに思うし、わたしたちのことが嫌いだったらこんなこともしないだろうなと思うし…あ〜話がまとまらず長々と書いてしまってすみません!
Posted by あつ at 2005年11月28日 19:58
ホントにノラちゃんは冬が大変ですよね。
私も近所のノラちゃんとよく遊んでいましたけど
最近見なくてちょっぴり心配・・・。

実は、犬や猫のノラちゃん達が毎年たくさん処分されている事実や、猫ちゃん詐欺とかあるなんて、きらりを飼うまで全然知りませんでした。

いろんなサイトを見ると悔しさがこみ上げてきます。
物を言えない動物に対してどうしてあんな虐待ができるんだろうか・・。

あれ?興奮して方向が違う方に行ってしまった(^。^;)。

私も、きらりが我が家に来てくれてとっても幸せいっぱいなんだけど、彼はいつも怒られて自由に遊べなくて可哀相だよなぁ・・と思うことがあります。
上記の皆さんのコメントを読みながら、(゚ー゚)(。_。)ウンウン頷き、考えさせられました。

外を知らない子は病気もしないしそのままで幸せなんだよ。とお医者さんはおっしゃっていたけど、短命でも自由に暮らし子孫を残すのが、本望なんだろうなとも思います。

Posted by ゆみたか at 2005年11月28日 20:05
ウチの周りも野良ちゃんが多いです。
『猫おばさん』(わかります??)は居るけれど、
やっぱり寒空の下での生活は辛いだろうなって
心配しちゃいます。
でも・・・・・どの子もすっごく警戒心が
強くて、ちっとも人なれしていないんですよ。
猫同士の繋がりも強くて、
本当に野良猫っ!!って感じです。

猫の幸せ・・・・・・
それは猫にしかわからないことですよね。
でも、飼い主さんが幸せを感じているのなら、
それはきっと猫が幸せを分けてくれているんだと
・・そう思いますよv。
Posted by 楓 鈴 at 2005年11月28日 22:26
ここにコメントを書いてからもず〜っと考えてしまいました。
自分のブログにも猫の幸せについて書きました。(TBさせて頂きました…)
考えても考えても答えは出てこないですね…
猫が幸せだと感じていればいいのですが…。
Posted by あつ at 2005年11月28日 22:39
みなさんコメントありがとうございます

みなさんのコメントを読みながら改めて考えたりもしてみましたが、やっぱり猫にとっての本当の幸せはどれだけ考えても私にはわかりません。
ただ私はこの子達といられる事が幸せで、たとえウチの子が望んで外へ逃げ出しても、探して連れ戻します。結局私が手離したくないんですねw
Posted by かいのしん at 2005年11月29日 20:43
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/127767
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ねぇ、きみたちはしあわせ?
Excerpt: 今日あるブログ を読んで、この記事を書くことにしました。 前に紹介しているとおり、うちには3匹の猫ちゃんたちがいます。 そりゃあ、かわいくてかわいくて仕方ないです。 この子達が病気になれ..
Weblog: 3つの顔を持つあつの日記
Tracked: 2005-11-28 22:22

綛吾???????臂
Excerpt:
Weblog: ????????????潟????≪?鴻????
Tracked: 2005-12-02 01:35