2005年11月21日

ぎんが我が家にやってきた


リクエストにお応えしてぎんとの馴れ初めを公開猫(足)



そもそもぎんは野良でした。パパの友人(自称ノラ猫ハンター)がぎんともう1匹兄弟猫を保護(というより拉致)しまして…

しばらくはその方の所で暮らしていましたが、ある日ぎんを捨てるという話が…

兄弟猫に比べ発育が悪く、それが負担だったのか、2匹育てるという事が無理だったのか…
ウチには既に神経質のお墨付きを獣医さんから頂いたかいがいたので、すっごく悩みましたが、みすみす捨てられるのを見過ごす訳にもいかず、それならばと我が家に迎えました。


P8200196.JPG

上ウチに来た初日(当時2ヶ月)
仔猫の適応力はスゴイ!! かいの執拗な睨み、無言の圧力にも動じなかった顔(ペロッ)

第一印象:ザッザッ 激しいなーフン




一方かいはぎんが来たことで相当ストレスだったみたい。
・ずっと寝てる
・吐かないけど吐きそうな素振り
・瞬膜が上がってる
・おなかに10円ハゲ
本当に申し訳なくて、毎日泣きました。ぎんを迎えた事を後悔もしました。
でも今ではホントに仲良しで、その睦まじい様子に癒されっぱなしですハートたち(複数ハート)


P8300253.JPG



ニックネーム かいのしん at 15:24| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリジナル香箱


どうやらぎんは基本の香箱が組めないらしい

PA280285.JPGPB060593.JPG
PB140978.JPGPB211238.JPG

いっつも右手が曲がってません









今日のかいさん
PB081241.JPG
押入れで何をしてるのかと思えば、ダンボールに思う存分スリスリしております。



PB061240.JPG
クローゼット?のカバーをむしり取り、自分好みのハンモックにしてくつろいでいます。
やりたい放題です顔(泣)


ニックネーム かいのしん at 01:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする